日本刺繍《メディア掲載》 || 日本刺繍 紅会 くれないかい

紅会について

日本刺繍 紅会 くれないかい > 紅会について > メディア掲載

メディア掲載


《新聞》 NEW!!

2016年12月17日 千葉日報 正気小学校での活動についての記事が掲載されました。


《新聞》 NEW!!

2016年11月3日 千葉日報 本部かがりはずし展と同時開催された「ガーデン・オープン・チャリティ」の記事が掲載されました。


《雑誌》

2011年2月 美しいキモノ春号 日本刺繍の特集ページで紅会『くれないかい』が紹介されました。

※大阪教室の住所につきまして 2011年2月にアシェット婦人画報社から出版されました「美しいキモノ2011年春号」に掲載されております大阪教室の住所に間違いがございました。正しくは、大阪市淀川区西中島4-3-22 新大阪長谷ビル7階でございます。お詫びして訂正させていただきます。


《雑誌》

2010年9月 美しいキモノ秋号 「きものレディへの近道 田丸麻紀のきものでお稽古」で紅会『くれないかい』が紹介されました。


《新聞》

2010年6月2日 産経新聞 千葉美術館市民ギャラリーで開催された「繍の精華」展についての記事が掲載されました。


《TV》

2010年6月 NHK・教育テレビ「美の壺」File 171「刺繍(ししゅう)」に紅会『くれないかい』が紹介されました。

「美の壺」は暮らしの中に隠れたさまざまな美を紹介する、新感覚の美術番組です。普段使いの器から家具、着物、料理、建築に至るまで、衣食住、人の暮らしを彩ってきた美のアイテムを取り上げています。今回紹介された番組テーマは「刺繍」、様々な名品や作家が紹介される中、紅会の工房の様子や作品が紹介されました。

下記は番組での説明: 【二番目の写真】 この作品に魅せられ用いられている技法を研究してきた刺繍職人、 山下善博さん。 山下 「単に下絵をなぞるだけではなく、野に咲く花を思い浮かべ、それに迫ろうという心意気を感じます。糸が生地の上にわたっているので、ふっくらしたふくらみが自然に出てくるそれが織物や染め物にはない大きな特徴です」 【三番目の写真】 これは刺繍で描かれた一頭の虎。 黄金色に輝くような毛並みは何種類もの異なる色の糸で表現されています。それによってリアルな描写が可能なのです。


《TV》

2010年5月 NHK・教育テレビ「日曜美術館 遣唐使・美の遺産」 に紅会『くれないかい』が紹介されました。

国宝 刺繍釈迦如来説法図が出品されている奈良国立博物館「大遣唐使展」(4月3日~6月20日) 関連番組の取材収録が本部工房で行われ、5月 2日(日)午前9時から(同再放送は5月9日(日)午後8時から)復元模作の実演の様子やインタビューなどが放送されました。これは、 番組ディレクターが「作品に使われた刺繍技法」に興味をもたれたことから実現したものです。


《新聞》

2009年4月10日 毎日新聞 心斎橋・そごうで開催された「紅会全国展」についての記事が掲載されました。


《雑誌》

2008年9月 きものサロン秋号 紅会『くれないかい』作品が紹介されました。


《新聞》

2008年9月28日 中日新聞 名古屋駅ミッドランドスクエアにて「源氏物語 日本刺繍展」についての記事が掲載されました。


《新聞》

2007年10月24日 朝日新聞 英国ケンブリッジ大学・日本刺繍「繍道」世界展にて工房作品「四季花鳥図巻」の展示について。


《新聞》

2007年3月27日 産経新聞 「繍道」の世界への広がりについて紹介されました。


《雑誌》

2005年2月 美しいキモノ春号 紅会『くれないかい』のお教室が紹介されました。


《雑誌》

2004年9月 美しいキモノ秋号 日本刺繍特集において紅会『くれないかい』の工房が紹介されました。